オファー

高橋和也FX Master Theoryのレビュー!矛盾だらけのLP

最大手のASPのインフォトップで、最近販売されたFXの商品

「FX MASTER THEORY」のレビューをお届けします。

本当にFX初心者にマスターできる再現性があるのかを徹底的に調査しました。

FX MASTER THEORYの特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に関する表記
販売会社 株式会社インフォプロモーション
サービス名・商品名 FX MASTER THEORY
所在地 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942

※当ページに記載の販売者情報は契約している店舗のものです。ご請求いただいた場合には遅滞なくご連絡いたします。

販売責任者 高橋和也
電話番号 090-1161-1909

所在地はバーチャルオフィスのようですが、ここは問題ないでしょう。

「インフォプロモーション 高橋和也」で検索すると、どうも怪しいです。

いろいな商品を売っているのですが、疑問点が出てきています。

高橋和也は何の専門家?

他の商品を2つ見つけました。

〇アフィリエイトの商材「邪道アフィリエイトNEO」

販売社名 株式会社インフォプロモーション
運営統括責任者 高橋和也
所在地 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942

※当ページに記載の販売者情報は契約している店舗のものです。
ご請求いただいた場合には遅滞なくご連絡いたします。

電話番号 08080356832
メールアドレス jaian28240@gmail.com

アフィリエイトのやり方を教えています。

内容はともかく、アフィリエイトの専門家を名乗っています。

〇メールで注文を取る「ニューロ・マスターズ」

販売者名  株式会社インフォプロモーション
 販売統括責任社  高橋和也
 所在地  東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942

※当ページに記載の販売者情報は契約している店舗のものです。
ご請求いただいた場合には遅滞なくご連絡いたします。

 電話番号  050-6865-9290 ※お問い合わせはメールでお願いします。
 メールアドレス  nayami110com@gmail.com

アフィリエイトの専門家を名乗りながら、SSL化すらできていない。

販売ページの左上の黄色矢印は「保護されていない通信」になっています。

こちらはメールで注文を取るようですが、何をするのか具体性にかけています。

メルマガではないと言っています。

実は、このような姿勢が「FX Master Theory」にも出ています。

では、実際にFX Master Theoryの中身を見ていきましょう。

FX Master Theoryのレビュー

2021年6月1日に販売されたようなので、口コミ記事は見当たりません。

なので、

販売ページを見ながら、

・この情報を信じていいのか?

・再現性が高く稼げるのか?

・おすすめできるの?できないの?

を解説していきます。

先に結論を言うと

FX初心者の方にFX Master Theoryはおすすめできません

その理由を解説いたします。

この販売ページを見て矛盾を感じた点についてです。

専業FXトレーダーって嘘?

こんにちは。専業FXトレーダーの『和(かず)』です。

専業ではないですよね。

だって、「邪道アフィリエイトNEO」ではアフィリエイトの専門家を語っていました。

また、「ニューロ・マスターズ」ではコンサル手法を販売しています。

FXも詳しいのかもしれませんが、専業FXトレーダーではないです。

1か月でFXのスキルが身に付く?

LPの説明の流れは

・資金管理を疎かにしたハイレバレッジの取引

・ルールや根拠のない感覚任せのトレード

・やたらとポジションを持ちたがるポジポジ病

・1つのテクニカル分析だけを意識した妄信的な相場分析

・簡単と思われがちなスキャルピング

自動売買

シグナル配信

インディケータだらけぐちゃぐちゃのチャート…

・悪魔の誘惑!独自性の高い最新ロジック

これらがダメでスキルとしてのFX を身に付けるの主張しています。

この主張は一理あると思います。

シグナル配信とは

有名なトレーダーのトレードをシグナルとして受け取れるサービスです。

FXの勉強をする時間が無い…。

誰のトレードをフォローすれば良いのか分からない…。

そんな方が、敏腕ディーラーのトレードをそのままメールにて受け取り、FXに活用する方法です。

スキャルピングとは、

秒単位、分単位の短期売買のスタイル。

短時間で小さい利益を積み立てる方法。

ただ、「FXの基本スキルが1か月で身に付く」とはとても思えないのです。

LPの「特徴の紹介」で1か月と断言しながら、3か月と言い直す、ブレブレさが本当に大丈夫かと感じてしまいます。

そして、このFX Master Theoryが一般のFXの情報とどう違うかなど、具体的な説得力に欠けている点が非常に残念です。

コンテンツの量では、PDF243ページに及ぶ大ボリュームのマニュアルとあります。

解説動画もなしに、PDFだけで理解するのは非常に困難だと感じます。

それをサポートするのはメールのみですが、こちらも不安要素満載です。

無期限・回数無制限 のメールサポート は機能するのか?

メールサポートで解決しようとする熱意は感じますが、気になる文章があります。

この商品は販売個数は限定されていません。

「メンタル的に疲弊して販売自体を辞める可能性がある。」のなら、販売個数を限定すべきではと感じます。

言っていることとやることがズレていると感じませんか?

そして、気になるのは、Q&Aにあったこの内容です。

すぐに返信が来ない可能性があります。

質問が混んでいるかどうか、購入者にはわかりません。

ですが、この1文を入れることで返信が遅れた場合、「質問が殺到していた。」という言い訳が成り立ちます。

さらに、その可能性が高いかのように匂わす、「サポートに手がまわらないときは販売中止」の文章を入れているのではないでしょうか?

良心的な商品では、「48時間以内に返信」とか、「2営業日以内に返信」などの目安が書かれています。

返信の目安の表記がない → 長時間待たされる可能性大

 

待たされると、購入者のやる気も大きく減退します。

無期限・回数無制限のメールサポートは有効に機能するのか、疑問ですね。

音声のサポートやZOOMなどオンラインでの直接的なサポートもほしいですね。

返金保証はムリ難題!

全額返金保証はありがたいですね。

さらに、FX Master Theoryは他の商品と違って返金条件は緩いとありますが、どうでしょうか?

トレードの履歴は難しくないですが、学習の履歴は何を出すのでしょうか?

手書きのノートでしょうか?

返金してもらうのに学習内容のテストまであるって気が重くないですか?

「稼げないのはあなたの理解不足!」とトドメをさすのでしょうか?

返金の基準となる数字もあいまいです。

「希望の結果が達成できない場合」とはいくらでしょう。

購入者が1か月で50万円稼げると思ったが、無理だった場合でもOKなのでしょうか?

人により目標が違うので、この部分のあいまいさが信用していいのかよくわかりません。

この大事なポイントの表現があいまいなのは、この販売ページだけでしょうか?

PDFだけで提供される教材もあいまいな表現が多いかもしれませんね。

おすすめできるFXのやり方は

「自動売買やシグナル配信などはダメだ」と高橋和也さんは主張していましたが、本当にそうでしょうか?

もちろん、詐欺まがいのFX自動売買ツールがあることは承知しています。

本当に稼げる自動売買ツールなら、FX初心者でも十分に稼げますよね。

仮に、稼げる自動売買ツールでも、

・パソコンへの設定に不安がある

・どれくらい証拠金を入れるべきか

・推奨ロットはいくら?

・推奨マーチンはいくら?

など具体的な悩みがあると思います。

実は、私が紹介する自動売買ツールは、このような不安はサポーターがすべて解決してくれます。

口座開設の方法までも、サポートのBANDやLINEで丁寧に教えてくれます。

PCの設定がどうしてもできないと言う方は有料にはなりますが、設定を依頼することができます。

サポートやサービスはトコトン、利用者の目線に立ったものであるべきです。

このあと紹介するものは、サポートの質、商品の質には絶対の自信があります。

今、特に紹介しているのが

・自動売買ツール「ラビット」

【FX自動売買】コロナでも溶けない守備型Rabbit(ラビット)とは?

・自動売買+トレーダー監視付きの「ZOO」

ZOO FX自動売買システムが初心者に優しい6つの理由は?

 

です。

どちらも無料での提供になります。

※運用資金は必要になります。

ZOOにおいては自動売買ツールの設定も不要です。

なので、口座開設だけが必要で、PCの設定もなしで運用できます。

 

コミュニティの様子と実績を軽く紹介しておきます。

ZOOのコミュニティの登録者数が1380、既読が426。

これだけ多くのユーザーが情報を共有しています。

ラビットですが、2021年5月25日の日報ですが、

証拠金100万円1日で4820円の利益です。

守備型のEAなのに、これだけ利益がでているなんて、やばいですね。

 

で、結局どうするのがいいのかをまとめると、

皆さんの、LINE登録をお待ちしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。