オファー

アルドノア出金拒否疑惑!ZOOは安心!FX初心者が選ぶ基準は?

FX自動売買MAMで、海外口座で出金できない噂がたっています。

アルドノアで怪しい噂はネットで広がっているようです。

私の扱っているZOOにおいても、利用者から「大丈夫ですか?」という質問を受けることもあります。

結論から言うとZOOは出金日を設けているので100%安です。

でも、FX初心者の方がどのように調べればいいのか、2つの方法をお伝えします。

まず、出金疑惑から。

アルドノア利用のCFX「出金疑惑」がヤバい!

Twitterにおいて

そして、「アルドノア fx 」 で検索すると、

検索上位に否定的なワードが続出です。

1位 出金拒否

2位 詐欺

3位 出金拒否

4位 詐欺確定

7位 安全?

9位 出金できない

Twitterの投稿も参考にはなりますが、Twitterには匿名性もあり、アカウントを複数持つことも可能なので、信憑性には欠けます。

しかし、何度も投稿されるというのはホントに騙された人が拡散している可能性も否定できません。

一方、google の検索エンジンは、ある意味で、ある程度信頼できます。

調べたい人に対して、検索者が知りたい情報を提示しないと、googleの評価が下がるからです。

googleも、利用者の求める情報を提示するのに必死なんです。

このgoogleの検索エンジンで上位表示される記事のタイトルがこれだけ否定的なのは、問題アリと考えていいでしょう。

上位の記事をみていくと、なるほどと感じますね。

アルドノアの盗作の事実

出金疑惑もヤバいですが、信用を第一にするMAMにおいて、もっと衝撃的な事実が判明しました。

コミュニティの規約が隅から隅まで同じです。

「どちらがパクったのかは、わからないですよね。」

次の画像から、アルドノアが盗用を認め、謝罪しているのが分かります。

このアルドノアというMAMは全く信頼できないです。

その記事な内容から、証券会社の調査が必要と判断して、CFXについても調べてみました。

証券会社CFXとは

証券会社CFXのサイトにアクセスしてみました。

言語で「英語から日本語」に選択したのですが、中国人が作成した日本語表記に感じます。

漢字が日本語に対応していません。

登録ページも日本語で読んでいるのに、デフォルトはChina や北京です。

日本語で、何を言っているのかわからない部分もあり、胡散臭い印象がぬぐえません。

金融ライセンスに調査をして驚いたのですが、CFXのサイトに表記がない!

ライセンス登録に疑問があり、信用性に欠ける証券会社と感じました。

特に海外の証券会社は信用できるかどうかをよく見極める必要があります。

実際に出金できず、持ち逃げされたなど問題のあるものも多いのです。

さらに、CFXではFX初心者に判断が難しいB-book方式を採用しています。

海外FX証券会社は大半が

B-book(DD方式=ディーリングデスク)と言われています。

B-bookとは

B-book業者は注文を市場に流さず、呑み行為を行う。

トレーダーが負ければ証券会社が稼げるスキームをとっている。

一方、この後に紹介するZOOの証券会社Tradeviewは、

A-book(NDD方式=ノーディーリングデスク)を採用しています。

A-bookとは

トレーダーたちの出した注文は、実際に市場へいきトレーダーが出した注文通りの取引が行われます。(透明性が高い)

個人投資家のみなさんと、FX会社には利害関係はありません。

為替市場にそのまま注文を流すため、

B-bookのように呑み行為を行わなず、

トレードの手数料にて利益を出す仕組みです。

B-bookがすべて悪いわけではないですが、FX初心者からすると、トレーダーの注文が市場に100%流れないのは、不安ですよね。

どうして流れないのかもわからず、MAMとして運用を任せている意味がないですよね。

CFXは

・過去に出金拒否疑惑

・金融ライセンスに疑問

・B-book採用

CFXは信用できないと言えます。

では、ZOOの証券会社についてもみてみましょう。

Trade View口座は?

Trade Viewは

ケイマン諸島のCIMAライセンスを所持

・安心のA-book(NDD方式=ノーディーリングデスク)

こちらは、優良な証券会社となります。

一部、悪意を持って、「出金拒否の噂を流す」人がいるようです。

「出金拒否の噂が悪意」と言えるのは、ZOOでは出金日も決めているので出金拒否などありえないからです。

FX初心者がアルドノアかZOOかを判断する基準は?

専門的な知識が少ないFX初心者はどちらを信じていいのかわからないですよね。

ネットで情報を探すと、多くの情報があり、何が正しいのかの判断は本当に難しいです。

私は次の2つを提案します。

➀「fx 商品名」で検索し、上位10位の記事をすべて読む。

②実際に口座開設を行い、サポートの状態を確かめる。

➀google先生の力を借り、検索上位(1ページ目の10記事)を読んでみましょう。

タイトルだけで、断定するのは避けましょう。

というのは、ライターの方が読んでもらう手段として、「詐欺」のような言葉を使うこともあるからです。

中身を読んでいくと、よくみえてきます。

例えば「アルドノア fx」のキーワードで検索すると

10記事中6記事がタイトルが否定的。

読んでみると、10記事中8記事がアルドノアを批判していました。

一方、ZOOでは

10記事中2記事のタイトルが否定的。

読んでみると、10記事中2記事がZOOを批判していました。

②実際に口座開設を行い、サポートの状態を確かめる。

口座開設にはお金がかかりません。

その開設までのサポートを比較してみるのもいいでしょう。

また、コミュニティの様子などチェックするのも参考になります。

ZOOのコミュニティですが、利用者も1333名を超えています。

活発なコミュニティは信頼されている証拠ですね。

 

 

厳しい状況のとき、トレーダーチームの見解をサポータの方がコミュニティのメンバーに伝え、情報共有したいます。(赤矢印)

ZOOの運用は好調のようです。

まとめ

評判のMAMですが、アルドノアとZOOのどちらを選ぶのが賢い選択でしょうか?

私自身はZOOを推薦します。

また、FXの知識のない初心者の判断する方法を紹介させてもらいました。

アルドノアとZOOは別物でシステムが違うので、いずれどちらが優れているのかははっきりします。

ZOOの開発、販売の関わるスタッフの方によると、

「本物のMAMはZOOなので、別に慌ててもいません。

誹謗中傷の噂を流す人は誰かはわかっているし、コピペのツールはいずれ消えていくでしょう。」

と、とても余裕がありました。

この記事を読んで、

ZOOを試してみたい方はLINE登録から友だち登録後、「ZOO希望」とメッセージを送ってくださいね。

無料で配布いたします。

なお、ZOOの詳細記事はこちらです。

ZOO FX自動売買システムが初心者に優しい6つの理由は?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。