オファー

FXアラジン(MAM)の稼げない、危険な8つの理由を解説!

ハヤシです。

ALADDIN(アラジン)というMAMが販売されています。

このALADDIN(アラジン)ですが、すでに出金拒否の可能性がネットで議論され、やばい案件と話題になっています。

結論から言うとアラジンはおすすめできません

MAMの理解と、アラジンがおすすめできない理由をお伝えします。

ハヤシって誰って思った方はこちらのプロフィールをご覧ください。

ALADDIN(アラジン)って何?

アラジンの概要を記載します。

紹介している人のブログを参考にしています。

想定月利 10%から20%
通貨ペア EUR/USD(ユロドル)その他状況に応じ対応
証券会社 CXC(A-bookです。気にされる方、ご安心ください)
レバレッジ 500倍(証拠金の大きさによる制限はなし)
参加費 無料。先着100名

もう少し、調べてみるとMAMであることがわかります。

実績もでています。

画像2 画像3

2021年の実績をまとめると

2021年3月 +188,019円
2021年4月 +200,060円
2021年5月 +165,474円
2021年6月 +268,211円

すごいですね。

ただ、この実績が本当のなのかはわかりません。

「アラジンが稼げるか稼げないか?」の前に

「アラジンが安全か危険か?」の審議が先です。

そのため、MAMシステムを理解することがとても大切です。

(MAMについて理解されている方は飛ばし読みでスルーしてください。

 

MAMシステムとは

MAMは Multi Account Manager の略です。

MAMは

他人(プロのトレーダー)に運用してもらう(発注指示をもらう)仕組みなので、

自分でチャートをみて売買する(裁量トレード)やツールの使用のオンオフすらする必要はありません。

すべてをプロに任せるのです。

参加者全員がFXで平等に稼げる

その想いを実現した完全自動システムとなります。

整理すると

・親アカウントと同じ勝率

・かけたロットに応じて、配当が分配される

・親の口座に振り込むのではなく、紐づける

FX自動売買との違いがわかりますか?

FX自動売買 MAM
VPS ある方がよい(推奨) 不要
取引 システムが自動でやってくれる システムやトレーダーにお任せ
損切判断 自分でする トレーダーにお任せ
利益 使い方で異なる 参加者全員同じ

正しいものを選べたら、MAMは超ラクチンなんです。

正しいものの判断は次の2つです。

MAM選びのポイント

・トレーダーの実力

・証券会社が信用できるか

トレーダーの実力が問われるのは理解できると思います。

下手な投資家に預けると大失敗になります。

言い方に語弊があるかもしれませんが、勝ち馬に乗れるかどうかです。

もうひとつ、大事なポイントは、証券会社です。

特に最近は、証券会社とトレーダーが手を組んで、一般の投資家を騙す詐欺事件が横行しています。

いかに安心できる証券会社を選ぶかです。

そのカギですが、

証券会社の判断の目安

・A-bookかB-book

・金融ライセンスの所持

ここでちょっと難しい言葉がでてきました。

A-bookとB-bookの違いは、こちらの記事を参考にしてください。

A-bookとB-bookについての詳細は

【初心者必見】FXのA-bookとB-bookって何?どちらが安全?

覚えておいてほしいことは

A-bookの証券会社は、トレードの手数料にて利益を出します。

B-bookの証券会社は、ユーザーの資金から利益を出します。

アラジンをおすすめできない8つの理由

アラジンの安全性を今、絶大な人気を誇るサバンナと比較してみましょう。

サバンナもMAMですが8月1日にリリースされ、1週間で500人ほど申し込みがあった評判のMAMです。

2人の方がおすすめの記事を書いていますが、

➀トレーダーの実績がみえない(何が得意なのか、どんな手法なのか)

②そもそもMAMにバックテストデータって意味があるの?

③MT4のデータは本当なのか?

トレーダー像がみえない

「こういうトレーダーだから安心して参加してください」というメッセージが皆無です。

FXアラジンのMAMにトレーダーはいるのでしょうか?

FXアラジンはFX自動売買EAでなく、MAMです。

【図1】

上の図1はバックテストデータですが、これをMAMシステムで載せていること自体、「えっ!何で??」です。

自動売買EA→ バックテストデータ意味あり

トレーダーの実力 → バックテストデータ意味なし

バックテストデータは自動売買EAであれば、意味があるのですが、MAMにのせても意味がありません。

トレーダーの実績を前面に出し、アピールするのが普通です。

なのに、トレーダー像が全くでていません。

百歩譲って、このトレーダーがある自動売買EAを使って運用するのであれば、そういった説明もいると思うのですが。

バックテストデータが怪しい

みにくい画像ですが、バックテストの一番上の期間を見てください。

1分足」というのが確認できますね。

1分足のEAは通用しないのが常識です。

何が言いたいのかというと、

1分足のバックテストデータは右肩上がりになりやすく、詐欺に利用されやすいのです。

なので、1分足のバックテストを公開しているものは絶対に避けましょう。

MT4のデータに信憑性に疑いが?

もう一度みてください。

こちらの実績データですが

2021年3月~6月までですが、時間をみると30分おきにあります。

例えば12:30とか14:00などです。

すべてそうです。

ということは、アラジンというMAMは基本はEAで運用し、トレーダーが多少裁量に加わると仮定してみましょう。

このEAは30分足

ココで、先ほどのバックテストデータは1分足。

ここまでみても、非常にあやしいと判断できます。

証券会社CXCに出金拒否の噂が!

「CXC」と検索すると、あっさり出金拒否の記事が見つかりました。

出典;umetch.com

出金拒否の経緯は次の通りです

8/25…入金  5万
9/ 1…出金  7万余 → 出金できた
9/16…入金 110万
9/21…出金 249万 → 出金できない(拒否される)

11/11…出金 254万 → 出金できない(拒否される)

11/15…現在に至る(当記事の公開日) → 現在も1円も出金できてない。元金すら

気になる方は、詳細をリンク先から読んでください。

過去にCXCの出金拒否でもめた事実

一方で出金できるというtwitterの情報もあります。

どちらが本当かはよくわかりませんが、私個人としては、噂が立つこと自体で使いたくないです。

証券会社CXCの住所が!

登録の住所が虚偽の可能性があると関東財務局が警告しています。

出典;関東財務局

証券会社CXCの金融ライセンスは?

次に金融ライセンスですが、疑問が残ります。

CXCの会社情報です

運営会社 CXC Markets Limited
設立 2015年
日本での活動 2020年
登録住所 不明
金融ライセンスの情報 SVG FSA:セントビンセント・グレナディーン金融庁
(登録番号:20877)

セントビンセント・グレナディーンは、カリブ海に属する国です。

租税回避国として有名で、ペーパーカンパニーとして使われることがあります。

先ほども調べたように、登録住所がはっきりしない

この状態で「金融ライセンスがあるので安心」にはほど遠いと言えます。

実際にネットで調査してみると

やはり、検索してもでてこない。

金融ライセンスに不安はあります。

出金が3か月に一度?

不安はありませんか?

3か月も出せないのです。

3か月経つと、経済情勢も変わります。

MAMですから、毎日好きに出金されると、ロットに応じた配当なども変わるので出金に制限があるのは理解できます。

サバンナでは1月ごとの出金することができます。

連絡をとり、出金のルールを守れば、いつでも出せます。

出金を3か月に1度の制限しているところにも危険性を感じます。

ブログで推薦している人の過去の案件が悲惨

アラジンを紹介している○○さんは過去にアルドノアというMAMを紹介していました。

その規約がパクリだったのです。

コミュニティの規約が隅から隅まで同じです

「どちらがパクったのかは、わからないですよね。」

次の画像から、アルドノアが盗用を認め、謝罪しているのが分かります。

このアルドノアのも出金拒否の噂がありました。

詳細はこちらから

アルドノア出金拒否疑惑!ZOOは安心!FX初心者が選ぶ基準は?

アルドノアというMAMは全く信頼できないです。

まとめると

信用できる証券会社の見本は?

CXC証券会社をひどく言いましたが、では、信用できる証券会社ってどういう会社でしょうか?

1つのいい見本がトレードビューです。

調べればわかりますが、

ケイマン諸島のCIMAライセンスを所持しているということで

とても信頼性・安全性が高い会社です。

出金拒否や約定拒否などの心配もないです。

Trade Viewは、A-book(NDD方式=ノーディーリングデスク)を採用しています。

優良な証券会社となります。

世界最大級のFX掲示板での評価もすごく高いです。

FOREX PEACE ARMY」にアクセスして検索してみると

Tradeviewは評価4.1です。(5点満点)

3以上であれば優秀です。

XM口座は3.0

酷いものはスパムとでますし、できたばかりの証券会社は検索にもかからないです。

トレードビューが安全でおすすめの理由

・A-bookを採用

・金融ライセンスを所持

・世界のFX掲示板の評判もいい

おすすめはサバンナです

サバンナはZOOと同じチームが運営しています。

ZOOでは

・コロナ禍でも溶けず運用が続いている

・ドローダウンは一度もしていない

その輝かしい実績のもと、さらに利益を求めたい人のため、

ハイレバスキャルの完全裁量のMAMとしてリリースされています。

トレーダーの生の声が聞きたい方は、こちらの動画をご覧ください。

記事のリンクをもう一度貼っておきます。

FX自動売買サバンナの完全裁量ハイレバスキャルは安全か?批判は嘘だらけ!

サバンナをやりたい方は、こちらから登録を、申請してくださいね。。