用語

【初心者向け】バイナリ―の損益分岐点って何?勝率アップするには?

ハヤシです。

バイナリ―オプションを始めてみたいが、難しい用語の壁を乗り越えないと不安ですよね。

マーチンゲールに続き、損益分岐点について解説します。

ハヤシって誰って方はこちらのプロフィールもご覧いただくと嬉しいです。

損益分岐点って何?

あらゆるビジネスに損益分岐点が存在します。

もちろん、バイナリーオプションにもありますよね。

損益分岐点は「利益・損失±0」の点です。

損益分岐点とは、利益、損失の境目

バイナリーオプションでは、利益、損失がプラスマイナス0になる勝率をさします。

バイナリ―では、具体的に勝率を計算して求めます。

損益分岐点=100÷ペイアウト率

有名なハイロー口座を使う場合、ペイアウト率を1.85とすると

100÷1.85=54.05

また、難しい用語が続きますが、

ペイアウト倍率とは

これは投資して、勝った場合、いくら戻ってくるかの指標です。

1000円でペイアウト率が2倍なら2000円。1.85倍なら1850円戻ってきます。

ハイロー口座のペイアウト率

まず、ハイロードットコムですが、日本人利用者ナンバー1の海外口座です。

かつてはハイローオーストラリアと呼ばれていて、オーストラリアの口座です。

ハイロードットコムの平均的なペイアウト率(ハイロー取引)は1.85~1.95です。

取引方法によってペイアウト率が違います。

取引名 取引時間 ペイアウト率
ハイロー ・15分
・1時間
・1日
・1.85倍
・1.90倍
・1.95倍
ハイロースプレッド ・15分
・1時間
・1日
全て
2.00倍
ターボ ・30秒
・1分
・3分
・5分
・1.95倍
・1.90倍
・1.90倍
・1.85倍
ターボスプレッド ・30秒
・1分
・3分
・5分
・2.30倍
・2.20倍
・2.05倍
・2.00倍

ハイロー取引とターボ取引があるのですが、大きな違いは取引時間です。

また、通常のターボ取引とターボスプレッド取引の違いは、スプレッドを加味して値動きを予想することです。

詳細は難しくなるので述べませんが、スプレッドの方が難しい(勝ちにくい)のでペイアウト率は高いです。

スプレッドとは

「買値(ASK)」と「売値(BID)」の価格差のこと

ただ、他の証券会社と比較すると、かなり高いです。

覚えておきたいのは

取引によりペイアウト率が違う

つまり、取引により損益分岐点が異なるということです。

マーチンゲールで運用した場合は

マーチンゲール法とペイアウト率の話をしますね。

マーチンゲール法とは

倍掛け法と言われ、勝つまでベット額を倍にしていく方法。

理論上、1回勝つことですべての負けをチャラにできる無敵の必勝法と言われています。

ただ、注意しなければならないのは

・資金は無限にない。

・ペイアウト率が2倍でない。(2未満)

仮にペイアウト率2倍のとき、損益支出の一覧表からみてみましょう。

この表では7連敗のあと、8回目で勝って+1000円の様子です。

 

仮に5連敗のあと勝つ場合は

4マーチン目で16000円負けて、損失のトータルが31000円

5マーチン目(6回目)で32000円勝つので

32000-31000=+1000

つまり、1度勝てば、今までの負けが帳消しにできるので無敵の方法とも言われています。

 

しかし、現実はそれほど甘くないのです。

ペイアウト率が2未満なのです。

 

ここで、ハイロー取引の15分のペイアウト率1.85でマーチンゲール法を考察してみましょう。

勝率50%、ペイアウト率1.85の場合

エントリー回数 エントリー額 ペイアウト額 かけてきた総額 勝った時の利益
初回 1000 1850 1000 850
1マーチン目 2000 3700 3000 700
2マーチン目 4000 7400 7000 400
3マーチン目 8000 14800 15000 -200
4マーチン目 16000 29600 31000 -1400

3マーチン以降は勝ってもマイナスです。

無敵のはずのマーチンゲール法は通用しません。

ペイアウト率が2を下回っているので勝率50%ではすぐにマイナスになります。

では、どれくらいの勝率がいるのでしょうか?

それが、損益分岐点の勝率です。

15分のハイロー取引でマーチンゲールを使うためには少なくとも54.05以上の勝率が必要になります。

ペイアウト率1.85では

ここで、間違えてほしくないのはマーチンゲール法を推奨しているのではないです。

バイナリーでの注意

・2択だが、勝率50%では話にならない

・損益分岐点の勝率は最低限

・勝率を上げる努力が必要

勝率を上げる方法は

 

①でやるのが王道かもしれません。

ただ、私自身は50代後半になろうとしていて、自分の能力などを考えると②の勝てる自動売買ツールが気になります。

もちろん、詐欺的に稼げないものもあり、安易にツールに流れるのはおすすめしません。

FXの詐欺案件をいくつか紹介しておきます。

マッチングアプリ投資詐欺がヤバい!守友さゆりも中国人FX詐欺か?

ただし、このツール(キャッシュリッチ2+や3+)は本当に稼げますが、気になる方はこちらをご覧ください。

CashRich3+(キャッシュリッチ3+)バイナリー自動売買驚異の勝率は?

まとめ

この記事で伝えたい部分をまとめると

・上がるか下がるかの2択だが、50%以上の勝率がいる

・損益分岐点は最低限の勝率で、勝率を高める努力が必要

・勝率を高めるには、バイナリーの勉強か勝てるツールを使う