用語

ビースト+が溶けた?トレンド相場もビースト2+証拠金維持率安定が最強

ハヤシです。

2021年9月中旬から、含み損を抱えて厳しい相場になっています。

トレンド相場に弱いEAで、いかに乗り越えていくかを調査しました。

やはり、ビースト2+の証拠金維持安定化機能が優れもののようです。

この記事では、以下の3つがわかります

この記事でわかること

・証拠金維持率安定化機能とは?

・トレンド相場とレンジ相場とは何か?

・FX自動売買EAに向いている人とは?

ハヤシって誰?と思った方はこちらをご覧ください。

 

証拠金維持率安定化機能とは

無料EAのビースト+にはついていない機能です。

有料EAのビースト2+には証拠金維持率安定化機能がついています。

機能について説明しますね。

一定のポジション数を抱えた際、あらかじめ設定したポジション数に達した時に一部自動損切りをしてくれる機能になります。

証拠金維持率安定化機能も説明

具体的な例をあげると

・ポジション数8つに達した時に、初期ポジションから2つを自動で損切

・ポジション数10に達した際に、初期ポジションから3つを自動で損切

くわしく説明すると、

「含み損」とは、

為替など保有している資産の時価(=現在の市場価格)が購入時の価格よりも下回っている場合の差額のことをいいます。

例をあげます。

1ドル100円のレートで100ドル買いました。(100ドルを1万円で購入)

100ドル所有しています。

1ドル80円になったので、所有している100ドルは現在は8000円の価値しかない。

現段階では2000円損していますが、実際に売却するまでは損失は確定していないので、これを含み損2000円といいます。

両建てとは

同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有すること。

為替レートは必ず「急上昇」か「急落」の極端な結果に行きつきます。

そのときの損失をカバーするための両建てをしておく。

いい方向に行けば利益になるが、スプレッドの負担でコストもかかります。

荒れた相場になると、含み損を抱えてしまいます。

自動売買EAと言えど、損切判断をしなければなりません。

ここの判断が非常に難しいですよね。

この部分を有料EAであるビースト2+には機能として備わっているのです。

証拠金維持率安定化機能の絶賛の声

ビースト2+コミュニティでは、「ビースト+」と「ビースト2+」と「ビースト+プロ」

の利用者がいます。

その中で10月8日の会話を紹介すると

ビースト2+のすごさの発言

証拠金維持率が全く違いますね。

ビースト+は350%、ビースト2+は2750%

どちらも適応的戦略型ナンピンシステムで、取り扱い通貨もドル円とフラン円。

基本的な部分ではビースト2+とビースト+のロジックは同じです。

これほど証拠金維持率に差があるのは、

まさに有料EAの証拠金維持率安定化機能のたまものです。

ここで、相場について振り返っておきましょう。

相場とは

基本的に相場には「レンジ相場」と「トレンド相場」どちらかのパターンしかありません。

トレンド相場には上昇トレンド、下降トレンドの2つです。

レンジ相場

一定の値幅で上下する相場です。

ボックスレンジとも呼ばれます。

箱に納まっているかのごとく値動きが上下した状態のこと

皆さんに知っておいてほしいのはこのレンジ相場ではEAが稼ぎやすい相場。

トレンド相場

上記の図を参考にしていただけたら、わかりやすいかと思います。

このトレンド相場では順張りがセオリーです。

・上昇トレンドなら買い方向で、

・下落トレンドなら売り方向で

多くのEAが世の中にありますが、トレンド相場でうまく稼いでいくEAはほぼありません。

急激な相場の動きには耐えられず、破綻するものが多いです。

FX自動売買EAに向いている人は?

使っているEAが効果を発揮できるかは、相場によるのは理解していただいたと思います。

では、相場判断をどうするかです。

裁量トレードでないので、基本的には自動売買EAに任せていただいたらいいのです。

ただ、自動売買EAの予測を超える相場がくることも十分にあります。

経済指標などにアンテナを貼ることは必須になります。

向いている人

①最低限の基本的な用語を理解している人

②経済指標やコミュニティからの情報をしっかり聞き、EAのリスク管理ができる人

③自動売買EAの取引をみて、一喜一憂するのが嫌でない人

①も、私のブログな内容が分かる方なら問題ないと思います。

また、わからない用語がでてきたとき、調べる力(グーグルで検索するなど)がある方も大丈夫ですね。

②はややレベルがあがりますが、ロットの管理や、一般的な経済指標に気を配ることができれば問題ないと思います。

わからないときは、調べる。それでもわからないときは、コミュニティで質問する。

すべて丸投げでほったらかしではなく、自己管理できる人は問題ないでしょう。

③は人それぞれでしょう。

調子のいい時はいいですが、悪いときでも、落ち着いて行動できるかが問われます。

③の部分は有料EAのビースト2+にすることで、かなり解消できるはずです。

次のチャートをみて、自分がどうなるかをチェックしてみましょう。

まとめ

以上を参考にしていただければ幸いです。

ただ、どういう選択をしても投資であることは理解しておいてください。

100%稼げるものではありません。

勝つときもあれば、負けるときもあります。

勝つ確率の高いものを、自分で選択し、結果に対しては自己責任であることを理解しておいてください。

そのように考えることができない方は投資には向いていません。

最低限、投資に参加する心構えを備えた方には、次の2つをおすすめします。

FX自動売買で含み損のストレスをできる限り抑えたい方はビースト2+

すべてお任せでラクして稼ぎたい方はMAMのサバンナ

ビースト2+の詳細は

FX自動売買EAビースト2+が初心者におすすめ!証拠金維持率安定化機能とは?

サバンナの詳細は

FX自動売買サバンナの完全裁量ハイレバスキャルは安全か?批判は嘘だらけ!

これらに関心がある、質問がある方はLINE登録で、聞き倒してください。

ハヤシLINE登録はこちらです。↓↓

登録されたら、必ず、一言(スタンプでもOK)お願いします。