FX自動売買

FX【Pro Traders】MAMでスマホ副業!月利10%実現

ハヤシです。

月利10%をキープし続けているPAMMのトレーダーがMAMをリリース。

デイトレード、スキャルピングトレードによる完全裁量MAMになります。

この記事でわかること

①MAMとPAMMとの違い

②Pro Tradersの実績

③myfxbookとは

④スマホ副業と言われる簡単さ

ハヤシって誰?と思った方はこちらをご覧ください。

MAMとPAMMとは?

MAMとPAMMは

MAM(マム)もPAMM(パム)も、他人に運用をしてもらう口座になります。

・MAMとはMulti Account Managerの略

・PAMMとはPercentage Allocation Management Moduleの略

意味が全くわかりませんよね?

簡単に言うと、自分の代わりにFXに詳しいプロのトレーダーに自分のお金を運用してもらうスタイルです。

よく勘違いされるのですが、

・資金を投資家の口座に振り込みません

・資金は自分の口座に置いたまま、運用される

MAMとPAMMの違いは?

違いは?

MAMは取引中のポジションや取引履歴を見ることが可能。

PAMMは取引履歴は見ることはできない(結果のみ通知)

トレーダーが自分の運用手法を公開したくない場合、PAMMを採用します。

ですから、PAMMの場合、透明性は低く、注意しなければならないでしょう。

どの通貨を、どのように売買したかは全くわからず、結果(増減)のみ知らされます。

では、利益の仕組みなどを見てみましょう。

MAMとPAMMの利益・損失の仕組み

まず、MAMですが、ロット分配方式

親口座と同じように子口座もポジションを持ちます。

ただ、証拠金により、持つポジションのロットが違うだけ。

全くのコピーなのでコピトレとも呼ばれます。

次にPAMMですが、ポジションをもつのは親口座のみです。

PAMMは損益分配方式といいます。

構造は多少違いますが、儲かる比率はMAMとPAMMは同じなので、MAMの場合で記載していきますね。

参加している投資家の証拠金に比例して運用されます。

なので、利益も損出も証拠金に応じて違います。

上図のように10万円勝った場合、証拠金に応じて投資家の利益が決まります。

正確に言うと、ここから手数料がひかれるので、仮に手数料が30%とすると

配当される利益 手数料を引いた実際の利益
Aさん 1万円 7000円
Bさん 3万円 21000円
Cさん 6万円 42000円

仮に負けた場合ですが、通常は手数料まで引かれることはないので

損出額 実際の損出額
Aさん 1万円 1万円
Bさん 3万円 3万円
Cさん 6万円 6万円

MAMの運営者とトレーダーは手数料で収益を上げています。

勝たないと誰も儲からない仕組みのはずです。

Pro Tradersの開始直後の実績は?

2022年3月9日から運用されました。

このトレーダーはPAMMをスキャルピングトレードで運用していて評判の高いトレーダーです。

スキャルピングトレードとは

秒単位から分単位の短期売買をするトレードスタイル

3日の実績ですが、

このPro Tradersは3日で6.8%の利益を出す絶好調のスタートです。

Pro Tradersの実力は

【2021年12月】月利5.5%

 

【2022年1月】月利15.1%

 

【2022年2月】月利14.7%

この動画をみていただくと、安心感がある運用ですね。

10%前後の数字を確実にだしていますね。

Pro Tradersの概要

商品名 Pro Traders
運用形態 MAMシステム(ハイウォ―ターマーク方式)
トレードスタイル デイトレード、スキャルピングトレード
想定月利 10%~20%
証券会社 トレードビュー
参加費 無料
最低証拠金 20万円
手数料(成功報酬) 30%
レバレッジ 500倍(レバレッジ規制なし)
主要取引通貨 EUR/USD、GBP/USD、XAU/USDなど。Goldや取り扱う

PAMMと大きく違う点は証券会社がFXビヨンドではなく、トレードビュー。

トレードビューはFXビヨンドより、歴史もあり、安心のA-bookです。

やや難しい用語がでてきたので解説しますね。

ハイウォ―ターマーク方式とは

MAMやPAMMにおいて、利益が出たときのみ成功報酬が発生する仕組み

ディトレードとは

数時間から1日で完結する売買スタイル

A-book(NDD方式)とは

NDDとは「No Dealing Desk」の略。

顧客の注文はディーラーを介さないのですべて市場に流れる

Pro Tradersの詳細はMyfxbookから

2022年3月9日から運用が開始されました。

そのすべてが、MyFxbookでみることができます。

Myfxbookとは、

ご自身の海外FX口座と連携させることで、自動的にトレード成績を集計・分析することができるサービスです。

Myfxbookを利用することでMetaTrader4/MetaTrader5のレポートに記載されていないデータを集めることができます。

引用;FXplus

Pro tradersのトレーダーは自信があるので、自分のトレードのすべてをMyfxbookで公開しています。

こちらのリンクから、ポジション状況や利益なども全て見れます。

100万円の稼働の様子です。

Pro Tradersのおすすめポイント

Pro Tradersのおすすめポイント

①ドローダウンが極めて低い

②最大ポジション保有時間が6から7時間なので大きな含み損を抱えた状態になりにくい

③リスクリワードの徹底管理

④パソコン不要、スマホ1台で完結

⑤FX初心者でも安心して参加できる

⑥MAMなの透明性が高い

①ですが、第一弾のPAMMでのドローダウンが10%~15%であったことから同じような運用をしますので、その手堅さは継承されます。

②ですが、このMAMはデイトレード、スキャルピングトレードなので長時間ポジションを保有しません。

③ですが、その前に

リスクリワードとは

1回のトレードにおける「リスク(損失)」と「リワード(報酬)」の比率のこと

リスクに対しては、損切に関しても明確な指針が示されています

・利確は20~30pips

・強いトレンドが出た場合は80~100pipsまで保有し、ドローダウン10~20で損切

リワードに関しては

・取引量の多い通貨ペアに対するスキャルピングトレード

・市況に応じて利益のでやすいゴールドを扱う

こちらも。利益がとりやすいように戦略が立てられています。

④と⑤ですが、この点でスマホ副業と言われるお手軽簡単さがあります。

Pro Traders FX自動売買EA
PCの有無 必要なし(スマホで完結) PCが必要(windowsが望ましい)
VPSの有無 必要なし 推奨(多くの方が使用しています)
自動売買ONとOFF

(管理)

必要なし(トレーダー任せ) 自身の判断が必要
損切、利確 必要なし(トレーダー任せ) 必要なし(緊急時に必要)
完全放置 100%完全放置 完全放置は危険

⑥はMAMとPAMMの違いです。

MAMではポジション状況、残高、含み損&含み益、証拠金維持率など、全て把握ができます。

まとめ

参加する前に

デメリットではないのですが、次のことを理解しておいてください

MAMの利用上の注意

・投資なので月利10%は確約ではないです。

・相場が急変したり、トレーダーの読みが外れると負けることがあります。その場合でもユーザー様が損切できません。

・利益が出た場合、利益の30%がひかれます。

・MAMなので、決められた時期(月に1度くらい)にしか出金できません。

・常識的な言葉使いなどできる方

この注意をご理解いただいた方で、参加希望の方はこちらに案内を掲載しておきます。

参加方法

①  PAMM&MAM公式サポートLINE

ハヤシのLINE登録もお願いします。→ https://lin.ee/szUqh0G

② PAMM&MAM公式サポートLINEから ProTredersの参加方法が案内されます。

まずは指定のリンクより口座開設をお願いします。

③ 口座開設が完了しましたら案内にもありますが、

(1)ご本人様名前(漢字)
(2)ご本人様名前(ローマ字)
(3)開設した口座番号
(4)紹介者名➡「ハヤシヒトシ」とご記入ください。

以上4点を、明記の上、送信してください。

次の案内が送られてきます。

④入金前に、こちらをご覧ください

FX海外口座トレードビュー入金がbitwallet一択の理由は?

なにかわからないことがあればサポートラインに質問してください。

まだ、不安がある方や、聞いておきたいことがある方もハヤシのLINE登録でご質問ください。

ハヤシLINE登録オリジナル特典の解説は動画で説明しております。