FX自動売買

FX自動売買【Pluton】プルトンをレビュー!月利30%非ナンピン系で初心者でもOK

ハヤシです

この記事では

・【Pluton(プルトン)】の概要とロジック

・【Pluton(プルトン)】が初心者にもおすすめな理由

・バックテストや自動売買EAの正しい見方

がわかります。

ハヤシって誰っていう方はこちらのプロフィールをご覧ください。

Pluton(プルトン)システム概要

非ナンピン系の関連するEAです。

含み損が限りなく小さく最大ドローダウン23%の超優れものです

商品名 Pluton(プルトン)
ロジック 非ナンピン式の1ポジション型運用のスキャルピングEA
両建てなし
最低証拠金 10万円
証券会社 IS6FX
レバレッジ 1000倍
通貨ペア GBP/USD
想定月利 月利30%~40%
初期ロット 10万円⇒0.5ロット
100万円⇒5ロット
最大ドローダウン 23.6%

ドローダウン(絶対ドローダウン)とは初期資金からどれだけ金額が減ったかを表す数値

最大ドローダウンとは資金が最も大きく下落した時の損失額

相対ドローダウンとは資金が最も大きく下落した時の割合

ナンピンとは、損切りをせずに買い増しを行う手法です。

目的としては、含み損が出た時に損失を平均値にすることで、より利益を得やすくすることです。

例えば、ドル円を120円で買った時、その後レートが110円まで下がった際に、同じ数量を買い増しをおこないます。

そうすることで、平均購入価格が115円に下がるので、120円まで待たずに115円より価格が上昇すれば利益が出る仕組みです。

これをナンピン買いといいます。

スキャルピングとは

数秒や数分単位で売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねていくFXの手法の1つ

両建てとは

同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有すること

Pluton(プルトン)システムのおすすめポイント

Plutonシステムは含み損を持ち越さない

巷のEAで多いのがナンピン系のEAです。

何段も積み、含み損が増えて精神的に疲れる方も多いのではないでしょうか?

実は、私もそうです。

このプルトンは非マーチンです。

1ポジション型で運用するので多くのポジションを持ちません。

スキャルピングで短期間に処理をします。

朝にエントリーし、必ず、その日のうちにか決済します。

利益が取れないときは、ダラダラと翌日の持ち越すことなく、1日で決着がつかない場合は自動損切です。

短期決戦でストレスフリーのEAと言えます

Plutonシステムは高月利と低いドローダウン

自動複利運用機能を備えているので、リスクを抑えつつも複利のうま味を最大限活かします。

雪だるま式に利益を拡大させる運用で高月利が可能。

ポジションごとに予めリスクリワード(1:1.5)が計算されたSLが自動的に反映します。

そのため、損切の判断をしなくても損切ラインまで達した時点で損切が発動されます。

よって、低いドローダウンを実現し、安心なEAと言えます。

リスクリワードとは

1回のトレードにおける「リスク(損失)」と「リワード(報酬)」の比率のこと

SL(ストップロス)とは

FXにおいて損失が出ている状態で確実に決済して取引を完了させること

損切り注文」または「逆指値」とも呼ばれます。

ストップロスは、含み損が○○pipsになったら自動的に決済したいという場合に使います

Plutonシステムは初心者でも完全放置

ポジションに対して自動でTP&SLが設定される←普通は有料のEAにしかないです

TP(テイクプロフィット)とは

FXにおいて利益が出ている状態で確実に決済して取引を完了させること。

利食い注文」または「指値」とも呼ばれます。

テイクプロフィットは、含み益が○○pipsになったら自動的に決済したいという場合に使います。

利益を得るときは確実に逃さずにつかみ、含み損はリスクリワード1:1.5で必ず処理をする仕組みです。

なので初心者でも安心して使うことができます。

自動でTP&SLが設定されるEAが無料ってなかなかありません。

Plutonシステムのロジック・機能の詳細は

マーフィーの法則

マーフィーの法則とは

仕事や日々の生活の中で特に根拠はないが、よく起こる経験則。

あくまで経験則なので、必ずしも事実であるとは限りません。

相場は、人間の心理によって大きく左右される場合があり、経済合理性だけに基づいて

動いているわけではない部分を、このEAに盛り込んだのです。

相場格言で、例をあげると

「4月高、こいのぼり天井」という相場格言

新年度になると新規資金が流入し、5月の初旬ごろまでは相場が上昇しやすい

この格言は理論的な根拠はありますが、

「2日新甫(しんぽ)は荒れる」という相場格言

2日から取引が始まる月は相場が荒れることが多い

こちらは、全く理論的根拠がなく、経験則によるもの。

人がトレードするので、そういう経験則も気にして行動する。

過去のデータを分析して、このようなときはよく買われるというような部分を分析してEAのロジックにも組み込んでいます。

自動損切機能

先ほども述べましたが、ポジションごとに予めリスクリワード(1:1.5)が計算されたSLが自動的に反映します。

そのため、損切の判断をしなくても損切ラインまで達した時点で損切されます。

自動複利運用機能

利益を複利に組み込んで運用する機能になります。

複利運用することで、高月利が期待できますよね。

トレール機能&利益追及機能

基本の利確は10pips

トレーリング機能を導入しているので、リスクなしで利益を増やすことができます。

相場の動き(ローソク足の勢い)から判断し、利確幅を増やす機能が発動します。

次の図をみてみましょう。

相場の動きから、利確を見送り、利益を増やし続けます。

すごいのは、次の利確ポイントに到達しない場合は直近の利確ポイントで利確。

裁量トレードなどでは、判断が遅れ、ズルズル下落して、利確しておけばよかったなどよくあることですよね。

そこをカバーしているのが、このEAの魅力の1つでしょう。

Plutonシステムのバックテストデータは

FX初心者の方に知っておいてもらたいことは、バックテストデータは取り方により、いくらでも都合よく作れるということ。

難しい用語が多く、勉強するのを避けてしまいがちなので、ココだけ抑えればよい点をピックアップしてお伝えします。

信頼性を見抜く4つのポイント

①不整合チャート
②モデリング品質
③スプレッド
④期間

EAの性能を見抜く3つの項目

①最大ドローダウン
②プロフィクトファクター
③勝率

バックテストデータは信頼できるのか?

はい!結論から言うと信頼できます。

その理由を、先ほど示した観点から解説しますね。

①不整合チャートエラーは0です

②モデリング品質も90%なので1分足という短いものではありません。

期間のところにも日足と書いてありますが。

③スプレッドは記載がないので、なんともいえません。

④期間は1年間でしかも2022年8月23日までのデータなので最新のものになります。

この記事を書いているのは2022年8月26日です。

稼げるEAなのか?

①最大ドローダウンが23.6%なのでかなり優秀です。

スキャルピングであることや、自動でTP&SLが設定されている部分によるところが大きいようですね。

②プロフィクトファクターが1.44なので資産が増えてますね。

③勝率も79%で勝ちまくってますね。

このバックテストデートからしても稼げるEAと言えるのではないでしょうか?

プロフィットファクターとは総利益が総損失の何倍かを示すデータで、期待値。

証券会社はIS6FX

FXをするうえで大事なのが証券会社です。

証券会社は海外の「IS6FX」になります。

IS6FXの歴史

2016年にis6comとして誕生して日本人に人気の海外FX業者

2020年9月 大幅なリニューアル

2020年10月 IS6FXに社名変更(イギリスのTEC World Groupに買収される)

IS6FXの特徴

・充実した日本語サポート

・入出金サービス

・キャンペーンが魅力

・初心者向け業者

・最大レバレッジ1000倍

このような特徴があります。

気になる点もいくつかあり

・金融ライセンスなし

・通貨ペアが34種類とやや少ない

・歴史が浅い

基本情報

国際事業会社としてセントビンセント・グレナディーン諸島で設立されています。

(登録番号:26536 BC 2021)

登録住所: Suite 305, Griffith Corporate Centre, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines

FX自動売買EAの賢い運営方法

絶対してはいけない3か条

ゴールドレオ レビュー

まず、やってはいけない運用方法はこちら

やってはいけない3か条

1.完全放置

2.推奨ロット無視

3.資金管理をしない

1.完全放置

初心者の方に非常に多いので、改めて記載します。

FX自動売買EAは自動で取引をするツールですが、自動で稼いでくれる魔法のツールではないです。

チャートをみて、自分の裁量で取引するのではなく、ロジックにそって、自動で取引をするツールです。

この認識を間違えると必ず失敗します。

気づいたら、資金がなくなることよくあります。

いろんな状況で自動売買EAのオン・オフをする必要があります。

完全放置で稼ぎたい人はPAMMに参加しましょう。

2.推奨ロット無視

証拠金に応じて、初期ロットが定められています。ごくまれに、調子がいいから、ロット数を上げる人がいます。

当然、初期ロットを上げると、利益が大きくなるので、一時的にはうまくいく場合もあります。

ただ、反対の方向に行った場合はやばいですよね。

含み損も同じ割合で増えるので証拠金不足に陥り、溶けるのは本当によくある話です。

ロットを上げたいなら証拠金を増資しましょう。

3.資金管理しない

自分の資金なので、自分で管理しましょう。自動売買EAでは含み損を持つ場合もあります。

EA自体が決済してくれるときもあれば、されない場合もあります。

ここで、自分でのルール作りをしていない人があまりにも多いです。

「証拠金の半分までマイナスになったり、強制的に損切をする」などのルール作りです。

これがないため、含み損のでているMT4を眺めながら、祈るように見てしまう場合ってありませんか?

たまに、含み損が減る場合もありますが、たいていの場合、含み損はジワジワ増えていくことが多いです。

損切できずに溶ける人、結構存在しますよ。(実は、私もこういう経験しています(笑))

失敗しないFX自動売買の運用の仕方

ゴールドレオ レビュー

勝ち逃げできる体制を作るです。

最初にも言いましたが、どんなに優れているEAでも一生使い続けるのは無理です。

相場も日々、変化しているので、合う合わないがあるはずです。

勝ち逃げとは儲けては出す、儲けては出すという作戦です。

これをすることでボーナスを失うのですが、最悪の事態の回避はできます。

ゴールドレオ レビュー

FX自動売買EAの場合、ある程度貯まれば、出金するようにしておくといいでしょう。

Bさんのように元金(20万円)以上出金しておけば、いつ溶けても損することはありません。

Aさんのように運用すれば、大きく増えるのですが、破綻した場合、すべて失うことになります。

このあたりはご自身でよく考えて、いいタイミングで出金するのがいいでしょう。

まとめ

失敗しないFX自動売買EAの運用方法を使い、Plutonで利益を刈り取りましょう。

ポンド系のEAなので、ボラティリティ(価格変動)が大きく面白いように利益が取れるでしょう。

ゴールドレオ レビュー

初心者の方もサポートBANDの情報を頼りにしながら、運用していくと難しくはないはずです。

このPlutonだけの運用ではなく、複数の稼ぐ柱を持つことをお勧めします。

ポートフォリオを組むのです。

もっともおすすめなのは「完全放置PAMM+FX自動売買EA」です。

PAMMはプロトレーダーにお任せなのであなたは何もしなくていいです。

銀行の預けて働かずに眠っているお金をPAMMの口座に移動させるだけです。

このPAMMは月単位で負けていませんので、超超おすすめです。

ゴールドレオ レビュー

このPAMMの利用やPlutonの利用については、ハヤシのLINEでお問い合わせください。

特別な特典もつけておりますし、ユーザーファーストを心がけておりますのでドンドン頼ってください。

(返信が場合により遅れることもあるかもしれませんが、12時間以内に対応いたします。早ければ30分以内の場合も)

ハヤシLINE登録オリジナル特典の解説は動画で説明しております。