FX自動売買

【Pro Traders】デイ・スキャル完全裁量MAMの安定感は?

ハヤシです。

月利10%をキープし続けているPAMMのトレーダーがMAMをリリース。

デイトレード、スキャルピングトレードによる完全裁量MAMになります。

このMAMの概要や、PAMMとの違いを解説します。

ハヤシって誰?と思った方はこちらをご覧ください。

PAMMトレーダーの第二弾

このMAMの安定感を語るのに第一弾のPAMMの実績をみてみまししょう。

月利10%を毎月キープしています。

2022年3月9日から運用が開始されました。

MyFxbookのリンクから、ポジション状況や利益なども全て見れます。

100万円の稼働の様子です。

MT4の画像もみてください。

このPro Tradersは3日で6.8%の利益を出す絶好調のスタートです。

次の週も好調を維持しています。

PAMMを運営している全く同じ人物がMAMも運営します。

PAMMにおいて「月単位でマイナスがない」、手堅い実績を残していますが、このMAMでも手堅い運用を継承しながら、利益も大きくとっていますね。

では、どうして、このPAMMではなく、MAMがリリースされるかですが、それは仕組みの違いです。

次の要望に応えるためです

トレーダーのトレード内容や保有ポジションを知りたい

違いは?

MAMは取引中のポジションや取引履歴を見ることが可能。

PAMMは取引履歴は見ることはできない(結果のみ通知)

どの通貨を、どのように売買したかは全くわからず、結果(増減)のみ知らされます。

(上記のMT4にはBalanceとしか表示されません。)

MAMの口座であれば、履歴をみることができます。

 

履歴では、どの通貨ペアで何ロット買って利益がいくらまでわかります。

もちろん、保有ポジションの含み益、含み損もわかります。

PAMMとMAMの詳細は

【FX】MAM/PAMMの違いは?注意点とおすすめPAMMは?

Pro Tradersの実力は

【2021年12月】月利5.5%

 

【2022年1月】月利15.1%

 

【2022年2月】月利14.7%

この動画をみていただくと、安心感がある運用ですね。

10%前後の数字を確実にだしていますね。

Pro Tradersの概要

商品名 Pro Traders
運用形態 MAMシステム(ハイウォ―ターマーク方式)
トレードスタイル デイトレード、スキャルピングトレード
想定月利 10%~20%
証券会社 トレードビュー
参加費 無料
最低証拠金 20万円
手数料(成功報酬) 30%
レバレッジ 500倍(レバレッジ規制なし)
主要取引通貨 EUR/USD、GBP/USD、XAU/USDなど。Goldや取り扱う

PAMMと大きく違う点は証券会社がFXビヨンドではなく、トレードビュー。

トレードビューはFXビヨンドより、歴史もあり、安心のA-bookです。

やや難しい用語がでてきたので解説しますね。

ハイウォ―ターマーク方式とは

MAMやPAMMにおいて、利益が出たときのみ成功報酬が発生する仕組み

スキャルピングトレードとは

秒単位から分単位の短期売買をするトレードスタイル

ディトレードとは

数時間から1日で完結する売買スタイル

A-book(NDD方式)とは

NDDとは「No Dealing Desk」の略。

顧客の注文はディーラーを介さないのですべて市場に流れる

Pro Tradersのおすすめポイント

Pro Tradersのおすすめポイント

①ドローダウンが極めて低い

②最大ポジション保有時間が6から7時間なので大きな含み損を抱えた状態になりにくい

③リスクリワードの徹底管理

④パソコン不要、スマホ1台で完結

⑤FX初心者でも安心して参加できる

⑥MAMなの透明性が高い

①ですが、第一弾のPAMMでのドローダウンが10%~15%であったことから同じような運用をしますので、その手堅さは継承されます。

②ですが、このMAMはデイトレード、スキャルピングトレードなので長時間ポジションを保有しません。

③ですが、利益追求にかんしては

・取引量の多い通貨ペアに対するスキャルピングトレード

・市況に応じて利益のでやすいゴールドを扱う

損切に関しても明確な指針が示されています

・利確は20~30pips

・強いトレンドが出た場合は80~100pipsまで保有し、ドローダウン10~20で損切

④は文字通りです。

⑤も口座を作って入金すれば、利用者は何もすることがありません。

⑥はMAMとPAMMの違いです。

MAMではポジション状況、残高、含み損&含み益、証拠金維持率など、全て把握ができます。

まとめ

デメリットではないのですが、次のことを理解しておいてください

MAMの利用上の注意

・投資なので月利10%は確約ではないです。

・相場が急変したり、トレーダーの読みが外れると負けることがあります。その場合でも

ユーザー様が損切できません。

・利益が出た場合、利益の30%がひかれます。

・MAMなので、決められた時期(月に1度くらい)にしか出金できません。

・常識的な言葉使いなどできる方

この注意をご理解いただいた方で、興味のある方はハヤシのLINE登録で申請や、ご質問ください。

ハヤシLINE登録オリジナル特典の解説は動画で説明しております。